2018年8月16日木曜日

何故か今更、7inタブレット


HUAWEIの7inタブレット(MediaPad T3 7in)を買いました。

何故、今更7inタブレットかと言うと、出先で撮影した写真を確認する用途で、これまで使っていた8.4inのタブレット(MediaPad M3 8.4in)が持ち運ぶには少々大きく重すぎたので、もう少し小型の物を探したのですが7inタブレットというのは絶滅寸前のようで、この機種しか入手できませんでした。

MediaPad T3 7inは、M3と比べるとかなり貧弱な仕様ですが、液晶はそれなりの画質でサイズと重さを含めて、十分に目的に合う良い製品でした。



2018年8月14日火曜日

機材更新


久しぶりにデジタル一眼のボディーを更新しました。
PENTAX K1です、ついについにフルサイズです。MkⅡが発売されて、初代の中古価格が幾分下がったので思い切りました。
これで、溜め込んでいるオールドレンズたちの本来の画角を味わうことができます、55mmは標準で、ポートレートでは無くなります。
24mmは広角で、お散歩用画角ではなくなります。

とっても楽しみです♪


Fostex T50RP mk3n むむ~、参りました。

 
Fostexという、ちょっとマイナーなオーディオ機器メーカーがあるのですが、去りし日のオーディオブームを経験された年代の方はよくご存じのメーカーでもあります。




T50PRは平面駆動振動板を採用した珍しいタイプのヘッドホンで、実際に聴いてみるまでは色物(技術的には目新しいけど、音色的には??なもの)ではないかと疑っていたのですが、とても素直な音色です。脱帽!!
STAXという静電容量型(駆動にドライバーという専用のアンプが必要)の平面駆動振動板を採用したヘッドホンは、以前から持っていて、独特の音色が気に入っているのですが、専用のアンプを必要としないこのT50PRは、非力なアンプでは音量が取りにくいという難点は有るものの、とても使いやすく、音色もSTAXより素直なように感じます。

最近、上位機種のT60PRという、ハウジングがアフリカンマホガニーで出来た機種が発売になりました。
現在は品薄状態で現物を見ることが出来ませんが、ハウジングが樹脂製から木製に変わることでどれくらい音色が変わるのか非常に興味深いです。
機会があったら是非試してみたいと思っています。


この文章、書き始めたのは2016年5月でしたが、公開しないまま放置していました。T60PRの発売で思い出し、加筆して公開しました。



ご無沙汰の理由。


ブログを更新していなかった2年少々、実は更新を止めてしまう半年ほど前に離婚することになってしまい、割と最近まで生活が迷走状態にありました。(なにが悪くてこうなってしまったのかが、腑に落ちていなかったため。)
その間、何をしていたかと言うと自転車にハマっていて、時間の有る時はただただ走っていました。それでも「道具」から入る性分は健在で、自転車は増えました。

今年の健康診断の際に、思い切ってメンタル系の検査を受けたところ、自分にADHD(衝動性)の傾向が有ることが判りカウンセリングなどを受ける中、色々なことに納得がゆくと同時に、周囲の人達にずいぶんと迷惑を掛けてしまっていたことを実感しました。
離婚後、自分はアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)ではないかと悩んでいたのですが、診断の結果はアスペルガー症候群の可能性は低いと言うことでした。

もう、半世紀を越えてて生きてしまっているので、問題を解決することは容易ではないと想像しています。
せめて、これ以上、不愉快な思いをする人を増やさないための努力は自分なりにして行こうと思います。

何かにのめり込むと、どんどん無駄遣いをしてしまうのも、障害が大きな要因の一つなのではないかと思います。自転車もあっという間に増えていますし。(苦笑)







2016年5月6日金曜日

円明(妙)寺橋梁再び(ねじりまんぽ)

 
以前紹介した”ねじりまんぽ”「円妙寺橋梁」を再訪してきました。

以前は「円妙寺橋梁」と表記していましたが、先日再訪した際に、新たに案内板が設置されていて、「円明寺~」と記載されていましたので、これからはこの名称を使わせて頂きます。



ねじりまんぽの様子は、前回とさほど変化はなく、生活通路として現在もよく利用されていました。


案内板にも記載があるように、このねじりまんぽは床面にも煉瓦がねじれた状態で敷かれています。その様子は前回のページに写真を載せています。

今回は全天球写真を撮ってきましたので、掲載させて頂きます。
(「+」ボタンを5、6回押してズームインすると、見やすい画角になります。)

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


ねじりまんぽの東側入り口の様子も。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

いつまでも、良い状態で保存される事を望みます。


2016年5月5日木曜日

JR島本駅前の鯉のぼり

 
今日も朝から天気が良かったので、ひとっ走り島本の鯉のぼりを見に行ってきました。
どういった趣旨の催し物かはよく知りませんが、JR島本駅(JR京都線)の西側にある田んぼに鯉のぼりが泳いでいます。



田んぼは、レンゲ畑になっているのですが、もう盛りが過ぎていてレンゲの数はそんなに多く有りませんでした。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

今日は風もそれなりに吹いていたので、晴れ渡る青空を鯉のぼりは気持ちよく泳いで居ました。


往復で約30Km自転車を走らせ、帰りに行きつけの「ムッシュ・ポアロ」でランチを食べて帰ってきました。


2016年5月4日水曜日

RICOH THETA Sが手元に来た!!

 
以前から気になっていた、リコーのTHETAを借りる事が出来たので、早速、試し撮り。

天気が良いと空が綺麗なので、全天球写真はたのしい。
このTHETAの全天球ビューアーは初期表示状態から4、5回くらい「+」ボタンを押してズームインすると、画角が自然な感じになります。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

手持ちでの撮影だと、撮影している自分が写ってしまうという、最大の問題は有りますが、それは、全天球写真なので仕方有りません。


Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

これは、物集女(もずめ)の車塚古墳、住宅地の中にあるという立地が全天球写真だと良く伝わります。


Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

阪急の高架工事が行われている踏切跡。
すでに線路は高架上に移っているので、この踏切と線路は撤去されるのを待つばかりです。

全天球写真は、見る側が自由に見たいところを見られるというのが通常の写真と一番違うところだと思います。
撮り手が見て欲しくない部分まで、しっかり見られてしまうと言う、微妙な面も有りますが、撮影された空間のイメージを伝えると言う事では、通常の写真とは別のメディアと言う感じもします。

面白いです。


 

Ratings by outbrain